2021-22年度(Program Committee)
方  針 ◎例会において重要な役割を占める卓話の時間を充実させる。
◎会長の本年度の活動方針の1つである「会員から職業を通じて人々の幸福に貢献する喜びや体験談などを卓話の時間に語って頂き、職業奉仕に対する意識の高揚に努める」を踏まえ、楽しく且つ有意義な卓話を計画することにより会員の例会への出席意欲を高めることにつなげる。
行事実施
項目
卓話の充実の方策について
○出来るだけ広い分野の専門家に興味深いテーマについて卓話をお願いする。
○会員卓話を強化する。
ロータリーの基本である職業奉仕とワークライフバランスの観点から、多くの会員にその仕事や仕事外の生活(家庭・社会における活動、趣味など)を語って頂き、生き方の参考にするとともに、相互理解と親睦に資する。
委 員 長 下 村 敏 博 副委員長 村 野 淳 二
委   員 足善徳、川中光教、河村憲一、佐藤佳雄、白井健雄、中井隆男、林田壽昭、藤井宏典、村島靖基、吉田泰清
そ の 他 関連委員会:クラブ管理運営委員会



行事名 写真 月日 内容


































委員会組織表へ