(Atendance Committee)       更新日:2018/Oct/06
方  針 ◎例会出席の意義を伝え、高い出席率の維持を目指す。
 欠席な場合はメークアップを行っていただき、毎月第一例会は出席率100%を目標とする。クラブ例会以外の各種活動、行事についても出席を奨励する。
◎食事については、できるだけ無駄を少なくし、栄養バランス、おいしく楽しい食事によって、クラブ例会出席の増進を図る。
◎SAAと協力を図り、会員の親睦と友情をさらに深めることを目的とし、毎月第3例会は席替えを行う。
行事実施
項目
○一定の永年在籍期間の会員、永年皆出席者の会員の表彰を行い記念品を贈呈する。
○食費の無駄をなくすため、欠席される場合は例会前日の正午までに、下記に連絡願います。
▼欠席連絡
ロータリー事務局  TEL:0745-52-4366   FAX:0745-23-3823
松村實昭 TEL 0745-48-2001(當麻寺中之坊)携帯電話:090-9169-6370
------------------------------------------------
◆クラブ内規(第2条 慶弔・その他諸規定)参照
・在籍表彰
在籍期間が通算15年、20年、25年、30年、35年、40年、45年、50年の永年在籍会員に対して、会長が永年在籍表彰を行う。
・皆出席表彰
○当クラブの例会に1年間皆出席または永年皆出席(5年、10年間)の会員には皆出席者として表彰し、記念品を贈る。
委 員 長 松村 實昭 副委員長 垣本 喜己
委   員 大武、奥上、酒本(将)、谷本、瀧本、西田、平岡、丸野、森田、吉川(利)、涌田
そ の 他 関連委員会:クラブ管理運営委員会
第2650地区クラブ一覧表(Makeup用にご利用下さい。)
●出席率の計算(2010年規定審議会より)
出席免除者が出席した場合:分母と分子にその数を追加する。
Webサイトオンライインでの欠席連絡
▼出席に関するロータリー情報
出席の意義
出席はロータリーの特色のひとつで、会員の資格条件になっている。クラブ例会に規則正しく出席することは入会のとき受け入れた最も基本的な重要な責務である。自分のクラブに対し行う出席と言う最小限の奉仕であり、さらにその出席率のより高い理想に向かって努力することをロータリは求めている
【参照】定款(第9条 出席/第12条 会員身分の存続)
週例会 食事またはお茶を兼ねての快活で楽しい週例会は、活動的で熱心なロータリー・クラブとその奉仕活動の発火点となります。ポール・ハリスと3人の他の共同創始者が第1回の会合後も会合を開き続けることに同意しなければ、ロータリーは決して誕生しなかったということを考えて下さい。
例会は週1回開催 標準ロータリークラブ定款に従って、クラブは毎週1回会合を開かなければなりません。但し、例外は2001年規定審議会で採択された試験的ニュー・モデル・プロジェクトで、世界で200までのクラブが独自の定款に基づいて運営されており、隔週例会を開催することも可能になりました。日本では3クラブ(東京高輪、足利東、春日部クラブ)が参加しています。クラブは、クラブ細則に規定された曜日と時間に開催され、プログラムは、1年のうちに5大奉仕部門のすべてを取り上げるよう期待されています。地元地域社会と他国の地域社会の両方で生活の質を高めるプロジェクトに参加するよう会員に奨励しています。寸劇、討論、パネル討論、クイズ、その他の特別プログラムに会員が多数参加すれば、週例会への関心も増すし、クラブの親睦も深まります。
例会出席
50%出席
連続4回欠席

年度の各半期において、メークアップを含めクラブ例会出席率が少なくとも50%に達しているか、クラブのプロジェクトおよびその他の行事や活動に少なくとも12時間参加していなければならない。または、バランスの取れた割合でその両方を満たしていなければならない(2013年手続要覧P209)
・連続4回例会に出席せず、またメークアップもしていない場合はクラブ会員身分終結を要請しているとものと考え通知するものとする、理事会は過半数によって会員身分を終結することができる。

ホームクラブ
30%出席
移転の場合、移転しても元のクラブに出席し続けるという方法を選ぶこともできますが、長期にわたる転勤の場合、所属クラブと転勤先のクラブが合意すれば、転勤先のクラブに出席できます。この場合、ホーム・クラブ30%出席と言う規定が適用されません。また出席義務規定の特別免除 (special leave of absence) の適用をクラブ理事会に申請し、1年間、移転先のクラブに出席し、知り合いとなり、その後、移転先のロータリー・クラブに入会すると言う方法を選ぶこともできます。この場合、1年間に限りホーム・クラブ30%出席という規定が適用されません。
例会時間の60%出席
メークアップ
規則正しい出席は、会員の条件として定められたものです。例会時間の少なくとも60パーセントに出席したとき出席とみなされます。健康上の理由、ロータリー・クラブのない国への長期にわたる旅行による欠席は、やむを得ないものとみなされ、出席規定の適用を免除されます。ロータリアンは、欠席した例会の直前14日間、直後14日間に別のクラブに出席することによりメークアップすることができます。しかし、ロータリアンが正当な理由なくして連続4回クラブ例会に欠席し、メークアップもしない場合、会員身分は自動的に終結していましたが、2001年規定審議会の決定で、クラブ理事会は、その会員が退会を希望しているとみなし、その旨通知することに改正されました。その通知後初めてクラブ理事会は理事会の過半数でその会員の会員身分を終結させることもできます。

行事名 写真 月日 内容


































委員会組織表へ