2021-22年度(Magazine & Internet Comunication Committee)
方  針 ◎ホームページを活用し、当クラブの活動状況を広く知っていただき、
◎ロータリークラブへの社会的理解を深めるよう努力する。
◎ロータリークラブ機関誌「ロータリーの友」の記事を紹介し会員諸氏のご理解を深めて頂く。
◎ホームページの内容を検討し、会員の皆様にご覧頂きやすいものとする。
行事実施
項目
○ホームページの更新と保守を行う。
○「ロータリーの友」のトピックスを例会で抜粋発表する。
○ホームページに会員向け情報サイトを設ける
委 員 長 酒 本 將 稔 副委員長 杉 垣 輝 樹
委 員 中川和久、林 輝一
そ の 他 関連委員会:広報委員会 会報・資料委員会
雑誌月間(4月)用資料: 雑誌月間用資料(PPT形式とPDF形式)
(注)雑誌雑誌月間は廃止され日本独自で「ロータリーの友」の強調月間が作られた。
▼「ロータリーの友」への投稿には規定があります。
 ⇒投稿規程

■雑誌関係
「ロータリーの友」(公式な雑誌:ロータリーの友)
 ロータリーの公式雑誌で、ロータリーアンは購読しなければなりません。また、投稿も積極的にしましょう。
 ロータリー関係の情報はクラブの「ロータリー情報委員会」へお問い合わせ下さい。

 (参考資料)
 ロータリーの友手引書(PDF形式)

 ロータリーの友「新着情報」

○ロータリーの資料
 「ロータリー情報」のページをご覧ください。(豊富な資料にリンクされています。)

■IT関係
大和高田ロータリークラブのIT化は2001年5月にWebサイトを公開して事務管理とも始まりました。2001_02年度にインターネット委員会が創設され、雑誌委員会と合併され現在に至っております。


行事名 写真 月日 内容
ロータリーとIT化について
(卓話資料)




地区広報・雑誌・(IT)委員長会議(於:京都新聞)

パワーポイントによる資料
(閲覧するためにはPowerPointソフト必要です)
(注)本スライドショーは自動的にスライドショーを実行します。

資料「ITの活用」(PDF形式)
2006.03.14





2005.07.09

ロータリーにおけるITの利用と2001年以降のeJapan戦略と2006年以降の日本の戦略(ユビキタス時代へ)解説

委員会組織表へ